赤ちゃん連れで横浜グランドインターコンチネンタルの「ラヴェラ」ホテルランチビュッフェのおすすめ

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

今回は急きょお泊まりした横浜グランドインターコンチネンタルホテルの二階にあるイタリアンビュッフェレストラン「ラヴェラ」でランチしたレビューをつづりたいと思います。

パノラミックに彩られた大きな窓より、大観覧車などベイエリアの街並みを臨む開放的なレストラン。自家製パスタや釜焼きピッツァなど、本格イタリア料理の数々をご提供いたします。

ラヴェラの日曜日ランチビュッフェ

急きょ泊まった横浜グランドインターコンチネンタルホテル。チェックアウトして、移動が面倒だったのでホテル内でランチをとることにしました。

予約もしてなかったのですが、ラヴェラには空席がありすぐ通してもらえましたよ!

子供いすもあります。ただ、全席イス席で、赤ちゃんを寝かせておくようなソファ席がないのが残念です。

ラヴェラはホテルの2階にありますが、お店を出た同じフロアのトイレにオムツ替え用の立派なベビーベッドがおいてありました。

ランチビュッフェの内容は!?

それでは、ビュッフェ台の紹介をしたいと思います。

▲パン各種

▲ピザは目の前で生地をこねて焼き上げています!まさに出来立て焼き立てが食べられますよ。この生地がモチモチですごくおいしかった!!この日はマルゲリータや、チーズたっぷりのピザ、キノコのピザなどが焼かれました。

また、パスタも目の前で作り上げてくれます。(写真奥のフライパンにて)こちらも生地がモチモチ生パスタですごくおいしい!トマトソースとクリームソースなど常時2種類が提供されていました。

▲ローストビーフです。柔らかいお肉でしたー。お肉の周りには結構塩がついていて、ソースがなくてもおいしく食べられます。西洋わさびとレモンもありましたので、お好みで。

▲なくなりかけだけど(笑)温かい料理は5種類くらいありました。チキン、ポーク、またお魚メニューも多かったイメージです。

▲めっちゃおいしかったパンプキンスープ!アツアツクリーミーで濃厚なパンプキンが味わえます。

▲生ハムやサラミなど。生ハム大好きなのでおかわり!柔らかい生ハムです。

▲前菜たち。私はエビとズッキーニのサラダにはまりまして、4つは食べました!大きめのエビがカップに2つ入っていて爽やかな味付け。あー幸せ…

▲サラダコーナー。ドレッシングはシーザーとサウザン、和風でした。

スポンサードサーチ

デザートも豊富

デザートはどれもハズレなし!って感じでおいしかったです。丁寧に作られているのが分かります。

特にタルトが好きな味でした!サックサクのタルト生地に中はほんのりクリームチーズの香るしっとりケーキ。甘さの中にちょっと塩味もあって、いくつでも食べられちゃいます。

パンナコッタのマンゴーソースは、甘さ控えめのパンナコッタに濃厚トロトロマンゴーソースがめちゃくちゃ良くあっていて、甘いものをそこまで食べない夫よしおさんもおいしい!とおかわりしていました。

あと、写真が撮れなかったのですが、その場でバニラアイスクリームを作ってくれていました。

フルーツも、パイナップル、スイカ、オレンジがありましたよ。

ドリンクについて

ビュッフェ料金にコーヒー、紅茶のサービスが含まれています。好きなタイミングでスタッフさんに声をかけると、テーブルまで持ってきてもらえます。おかわり自由!

また、ビュッフェ台にもオレンジジュース、りんごジュース、烏龍茶などがありました。子供が飲めるものもビュッフェに含まれていて助かります。

スポンサードサーチ

チーズリゾットのサービス

各テーブルを大きなチーズリゾットをたずさえたスタッフさんが回ってくれて、何皿食べるか聞かれます。

小皿にほんの2、3口くらいの量を入れてくれるだけなので、多めにもらっちゃいました(笑)

アツアツでチーズの香りが濃厚!!お米はしっかり噛みごたえのある本格派リゾットでした。

我が家は店内に12:00から14:30までいたのですが、2回このチーズリゾットのサービスがきましたよ。

まとめ

急きょ決めたお店で、しかも日曜日のランチなのに空席ありますーなんていうから微妙なのかな?と思ったらとんでもない!!

ローストビーフに生ハムにエビ、おいしいデザートにチーズリゾットまで、すべて間違いない味でした。本当に大満足のランチビュッフェでしたよ。

しかも4歳以下は無料なので子連れにも嬉しいですね~。

お水はなくなるとすぐさまスタッフさんが入れに来てくれる尽くしっぷり。サービスも満点でした!

こんにちは、ぷちょこです。 横浜ロイヤルパークホテルでのビュッフェを経て、何かもう帰るのが面倒になったので(笑)、急きょ横浜グランドインタ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする