[子連れハワイ]ANAは赤ちゃん&子供への嬉しいサービスがたくさんあった!思い出プレートって!?

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

ハワイへ行くにあたり、航空会社でかなり悩みました。大人だけならどこだって安くすむとこでいいんですけどね。赤ちゃん&子供連れの搭乗だと何かと周りにも気を使うし、大変なことも多そうだな…

そこで、我が家は赤ちゃん連れでも安心して搭乗できるサービスの多いANAにしました!

実際にどんな素敵なサービスがあったか、ご紹介します!

バシネット(ベビーベッド)サービス

予約時に電話にてバシネットをお願いしておきました。

なので席はエコノミーの一番前になります。壁の前です。なので足元広々!!その前がプレミアムエコノミー席だったけど、足元の広さは変わりませんでした。

バシネットは離陸後すぐにCAさんが取り付けにきてくれます。

↑次男入ってます。

座ってるとベッドの中は全く見ることが出来ない高さです。

なので、これがあるからといって、私たちの席の肘掛けから出てくる映画などを見るための画面や食事するテーブルが出せなくなるなんてことはありませんでした!

離着陸やシートベルトサイン点灯時には抱っこしなくてはいけませんが、それ以外ならこの中で過ごせます。

私たちが食事の時間に一番、本当にバシネットがあってよかった!と思いましたよ。

次男をバシネットの中で遊ばせてなければ、旦那と揃ってゆっくり食事なんて出来なかったと思います。

ベビーミールサービス

こちらもチケット予約の際に電話でリクエストしていました。

まずは成田発のベビーミールからご紹介します。

可愛い入れ物に入っているのは

じゃーん!なかなか豪華じゃありませんか??こちらは冷たい食事で、もう一つ

別に温かい食事も出してもらえます。

おかゆと、お肉と人参のドロドロです。うちの子あまり食べてくれませんでした。。

運ばれたときは本当にアツアツなので、赤ちゃんや子供は触れないよう注意です。

その後着陸直前の軽食では

こんな感じのベビーミールでした。軽食っていうけど割としっかり。

次にホノルル発のベビーミールはこちら。

手前の左にあるビンはターキーと書いてありました。茶色いドロドロが入っています。

右にあるカップの中身は全く何だか分かりません。緑色なのでお野菜??どこにも説明が書いてなくて…

ちなみにこれは着陸直前の軽食です。出発後のベビーミールを撮り忘れたのですが、内容は同じような感じプラス温かい食事で、アメリカ独特の謎の離乳食…って感じでした。

あとは必ずバナナがどーん(笑)これは長男が喜んで食べていました。

スポンサードサーチ

おもちゃサービス

ホノルルにもう着陸!ってときにCAさんがおもちゃを持ってきて選ばせてくれました。

おもちゃは出発すぐくらいにほしいよ(笑)

帰国便は食事の前に配られましたが、内容はどちらも同じ。さらには国内線とも同じかな?

  • シールブック
  • 膨らませる飛行機
  • トランプ

でしたー。

もちろん0歳の次男にももらえましたよ!

思い出プレート

ハワイ便だけのサービスなのかな??渡された陶器にペンで絵をかいてCAさんに渡すと、機内のオーブンで焼き付けてくれ、持って帰れます。

うちは往復やろうと思い、着席してすぐにCAさんにお声かけしたのですが、往路はOK!でも復路は機内に用意がないとのことでできませんでした。

手のひらに乗る小さめな白い陶器のボウルに、ペンでカラフルに絵をかきます。

長男が寝起きに実施したので、やる気なくグチャグチャな絵でしたが(笑)、焼きあがった完全品は綺麗にラッピングしていただけます。

本当は復路で、旅の思い出を絵にするのがいいんでしょうけどね。でも、今回みたく用意がない場合もあるので、往復で確認した方がいいかもしれません!!

スポンサードサーチ

まとめ

子連れということで、CAさんたちはみんなものすごく色々気遣ってくれました。

何かと汚す子供のためにおしぼりを多めに渡してくれたり、子供が寝ているときはチャイルドミール、ベビーミールのサービスは基本スルーしてくれます。ただ、起きたあとには食事をどうするかきちんと声をかけてくれました。

優しい雰囲気いっぱいで、長男もリラックスして爆睡できました。

なのでせっかく頼んだチャイルドミールはほぼもらわず…

こちらはホノルルに着く直前の軽食です。ランチパックのクマ型みたいなやつと、フルーツなど。

こちらは帰りの便のお食事です。

困ったことがあったら何でも言って下さいね!って感じのCAさんばかりで、かなり当たりだったのではないでしょうか!?

また行くときはANAにしたいなーと思います!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする