千葉「夢みさき」に赤ちゃん連れで泊まったので口コミ

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

今回は、千葉県にある旅館「夢みさき」さんに次男赤ちゃんと長男4歳を連れて行ってきたのでレポートします!

夢みさきは赤ちゃん連れにおすすめ!

私はじゃらんで予約して行きました。

その際、備考欄には乳幼児連れであることを記入しておきました。

すると~

お部屋には!!

オムツ専用ゴミ箱

ベビーソープ(ビジョンの泡ででるやつ)

ベビー専用ボディミルク

ベビー綿棒

ベビーまくら

バンボ

が用意されていたんですー!これは嬉しい!

旅行には荷物になるから綿棒とかボディミルクはわざわざ持って行かないけど、あったらあったで使いますもんね!?

それに、腰が据わり始めのグラグラ次男に、バンボはかなり有り難い~!うちの子はムチムチ君なので、太ももの部分の出し入れが大変でしたが(笑)

今回宿泊したプランでは朝夕の食事はレストラン会場だったのですが、そこでもベビーチェアが用意されていました。簡易的な赤ちゃん椅子ではなく、リクライニングもできてユラユラ揺らすこともできるイイやつ!(名前わからん!笑)

なので食事中は次男は大人しくしていてくれ

るわけもなく、、(笑)

せっかくイイ椅子を用意していただいたのに、そこに座ることもほぼなく結局抱っこになってしまいました…。

また、レストラン会場の席には子供用取り皿や子供用スプーン、フォークがちゃんと用意されていましたよ!

スタッフさんのサービスがあたたかい

さて、そんな食事中の赤ちゃんのぐずりや泣き声でご迷惑おかけしてしまった我が家。ですが、スタッフさんがおもちゃを持ってきてくれたりあやしてくれたり、あたたかく接してくれました。

赤ちゃん連れは他にも3組くらいいて、スタッフさんも扱いに慣れている様子。

それでも次男は飽きたのか、食事の終盤でまたぐずりだしてしまいました。するとスタッフさんがやってきて、「あとはデザートだけなので、お部屋に持っていって召し上がりますか?」とのこと。

それは有り難い~!と、お願いしてお部屋に持ち運べるように用意してもらいました。

また、翌朝の朝食時にも色々お声かけいただき、ほ乳瓶の消毒はいかがですか?とのこと。きちんと熱湯消毒してくれました。

ま~スタッフさんみなさん、すごく気を利かせてくれたお陰で快適に過ごすことができました。感謝です!

スポンサードサーチ

夢みさきの食事は??

長男次男とも、食事なし布団なしで予約しました。3歳以上は1泊2000円で、3歳未満は無料です。

長男は普段から小食でろくに食べないので、私の取り分けでいいだろうと…

予約プランはお肉づくしの豪華な小食。黒毛和牛やブランド豚のステーキとすき焼き、牛肉寿司などが出ました!

そのお肉がどれも本当に柔らかくて美味しく、なんと私の分ほぼ長男が食べました(笑)

副菜やご飯、お味噌汁なんかはビュッフェ形式なので自由に好きなとき好きなだけ食べることができます。

温泉は??

予約したお部屋は露天風呂付き。そこのお風呂の温度は加水などで調整できるので、赤ちゃんが入れる適温にできます。シャワーもあって水圧もしっかり。目の前が海で景色は圧巻です。

1階は大浴場があります。こちらの脱衣場にはベビーベッド、浴室内にはベビーチェアがあり、赤ちゃん連れでも安心です。大浴場にも露天風呂がありますよ。温度も熱すぎず、赤ちゃんでもはいれます。

最上階には展望露天風呂があります。ここには赤ちゃん用にベッドもチェアもないので、ママやパパ1人で連れて入るには厳しいかもしれません。

スポンサードサーチ

まとめ

夢みさきにはスタッフさんに誰一人、感じわる~って人がいない!(笑)温泉大好きで、長男なんかは10箇所以上の温泉宿に宿泊していますが、どっかしらンン?と思うスタッフさんがいたような…

ここはつかず離れずのサービスというか、初日の案内以外客室には一切誰も入ってこないけど、すれ違えばニコニコ挨拶してくれるし、赤ちゃん連れへの配慮も素晴らしい。

食事は十分な量プラス、ビュッフェ形式の副菜もありどれも美味しい!家族みんな大満足できると思います。

じゃらん口コミや楽天トラベル口コミへの、店主からの返信。これに賛否両論あって正直ちょっと不安もありました。

批判ではない、ちょっとこうだったら良かったな的な口コミにも食ってかかる(ように私には感じる)店主からの返信。。ちょっと怖い(笑)

ただ実際店主と遭遇することもなく、スタッフさんもみなさん素晴らしかったところから、2日間気持ちよく過ごすことができました。店主も夢みさき愛がただただ強いだけの方なのかなと思いました。ゲストへの気遣いは素晴らしいです。

特に子連れ、赤ちゃん連れには本当におすすめの宿でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする