埋没の腫れでバレるのは1ヶ月まで!プチ整形体験談

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

一重のみなさん、今日もアイプチ、テープやメザイク頑張っていますか。私も一重のためずっとアイテープ愛用者でした。

で、最終的には埋没法のプチ整形で二重をゲットしました。一生アイプチかプチ整形するか悩んでいる人のために私がプチ整形したときの体験記をお送りしたいと思います。

読んで欲しい人

  • アイプチやメザイクに疲れてきた
  • 手っ取り早く本物の二重が欲しい
  • プチ整形って実際のところどうなの?

人生で2回埋没法プチ整形やっています

ぷちょこは大学生のときと、社会人になってから埋没法でプチ整形をしました。

ええ、2回もやってるんですよ。なぜって1回目の糸は3年くらいで取れやがったから!!

そのときはネットで整形体験談とか美容外科の口コミとかきちんとしっかり調べることすらろくしなかったんですよね~。とりあえずこの重たい一重をぱっちりさせたい!の一心で家から一番行きやすかった美容整形外科の門をたたきました。そして学校出たばっかりの担当医にテキトーにやられ(た気がする)ました。

2回目は下調べバッチリで施術しましたよ。そのため、10年は経っているけど変わらず今も二重です。まぁ2回もまぶたを縫い合わせたから言える埋没法をする人に伝えたいあの時の体験談をつづりたいと思います。

結論としては、やるんじゃなかった…かな。

スポンサードサーチ

気軽なプチ整形、埋没法について

気軽なんて言いますけどね。10分で終わる!とか、メスを使わない!とか、それはそうなんでしょうけれど。お手軽気軽だとしゃあしゃあと病院側は言っていますけどね。それでもありゃこちらからしたら立派な手術なんですよ。まぶたひっくり返して針さして縫うなんて、よく考えれば気軽にゃできないよ!

でも当時どうしてもきれいになりたい私は、そんなことはお構いなしでしたけど。一応、それなりの痛みはあるし、リスクもあることは必ず頭に入れておいたほうがいいと思います。

ちなみに埋没法には2種類あって、

瞼板法

まぶたの皮膚と、裏側にある瞼板というところを糸でつなぎとめて二重にする方法

挙筋法

まぶたの皮膚と、裏側にある挙筋というところを糸でつなぎとめて二重にする方法

はい、素人には違いがさっぱり分かりませんよ!!

簡単に言えば瞼の皮膚をつなぐ先が違うそうなのですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

瞼板法は二重のラインをしっかり保つことができ、眼瞼下垂になるリスクも少ない。でも、糸が自然にとれる可能性もある。

挙筋法は糸が取れにくく、眼球を傷つける恐れもないけれど、修正したくなっても糸を抜くことが難しい。また、強く糸をかけると眼瞼下垂になる恐れもある。

とまぁ、これはこっちの方法じゃなきゃだめ!っていうより自分のなりたい二重とか、ラインとかを担当医と話し合ってそれにふさわしいやり方を担当医が決めるので、それに従うのがいいと思います。

カウンセリングは入念に、時間をかけたほうがいい

これは1回目の美容整形外科で私がやっちまった反省点です。カウンセリング当日の施術を希望しました。だってもう待てなかったんです、早くあたいに二重をおくれ~って。

カウンセリング当日の施術は別に珍しくも悪いことでもないんですよ。ただ、施術を急いでカウンセリングをおろそかにしてはなりませぬ!!

当時私のカウンセリングは、新卒みたいな担当医とご対面して早速針金みたいなので二重のラインを確認されました。押さえたラインよりもうちょっと二重幅を狭くしたい、と言ったのですがせっかくやるならこのくらいはやんなきゃーとか言われて承諾してしまったんです。

後悔&後悔&後悔ですよ。

1回目やって糸が取れる3年くらいは本当に、なんだろう…分かるかな。雛形あきこみたいな。。。不自然に幅の広い二重。骨格に合わない、整形やりました感のある二重になってしまいました。当時あゆブームもあったのでね。

自分の好み、医者の好み、流行りの二重幅、色々あるとは思いますが、いい医者ってのは、それは置いといて!ってしてくれる先生です。好みの話はいいから置いといて、あなたの骨格や目の形、雰囲気には、このくらいのラインが適切だよって言ってくれる先生。

もしくは、そういうことをカウンセリングの場で話し合えるのが重要だと思います。

後悔しても遅いんですよー!

スポンサードサーチ

まぶたの麻酔ってめっちゃ痛い

さぁ施術ですよ。

もちろんこの時メイクはしてません。美容外科まで薄くメイクして行っても、メイク落としや洗顔は用意されているので施術の直前で落とすこともできます。

すっぴんで出歩くなんて無理!!って人にも安心です。

私はその時間すら面倒だったので、すっぴんにサングラスで行きました。真冬だったので、サングラスは街から浮いて恥ずかしかったけど。

さぁさ、立派な手術台に寝かされて、目の部分だけ穴の開いた布を顔にかけられ、いざ消毒&麻酔です。

このね、麻酔がね、埋没法の一番の難関なんですよ。まぶたをベロンとひっくり返して粘膜に打たれるんですけど、まーーーーー痛い。痛いのなんの。痛いときって、眉間にしわが寄りませんか?

それダメーーーー!

出典 テレビ東京

眉間にしわを寄せるどころか、顔にちょっとでも力を入れてはいけません。痛くても、全くのポーカーフェイスが推奨されます。

その理由がこちら、

麻酔のときにリキんだかどうかで術後腫れの具合は決まる

そうなんです、これは私が2回目の施術前にネットで得た情報です。麻酔薬を打ち込むときにリキんでいると、術後のダウンタイムが超長いっつー。

1回目はそんなこと知らなかったから、思いっきり歯を食いしばりまぶたに力を入れ、眉間にしわを寄せて耐えていました。だって思ってもないくらい痛かったんだもん。

そしてその時のダウンタイムはひどいことに(あとで語らせてもらいます)

なので、2回目の施術のときは、まぶたの裏に針をさされても首から上は無反応を心掛けました。なに?別に痛くもかゆくもないわよってなもんで。実際痛かったけど。

代わりにめっちゃ強く拳を握りしめていました。

左右の麻酔さえ終わってしまえば、もうこっちのもんですよ。勝負はついたと思っていいです(なんの)

スポンサードサーチ

両目で10分くらいしかかからない埋没法

まぶたの裏を糸でとめられます。麻酔をしているから痛みはないんですが、まぶたを返されたり、引っ張られたりする感覚はあります。

糸を通すのは時間もかからないし、正直そんな難しいこともないそうです。それでも医師の技量はピンキリなんでしょうし、美容外科によってはオリジナルの埋没法!とか編み出していますが結局やることは大差ないんじゃないのかと私は思っています。

施術自体本当にもうあっという間に終わります。

さぁ帰ろう

終わるとすぐ鏡を見せてくれますが、驚かないでください。そこに映るのは化け物ですから…

終わったばかりから当然腫れも出ているので、パンパンなまぶたに生々しい出血もわずかにみられ、縫われたラインは腫れのせいでガタガタに見えます。

腫れが引けばすべては収まるのですが、最初のインパクトは強烈でしたね。

この顔で帰れってか・・・!?

帰宅はできたらタクシーがおすすめです。だから美容外科選びに迷っているなら、自宅が近いってのは高ポイントにしてください。私はサングラスをして電車に乗って帰ったのですが、

目も開けにくく、また、整形がばれやしないか人の視線が怖くて、常にうつむいて歩いていました。そのためホームで人にぶつかりそうになるし揺れる車内で転びそうにもなるし、なにかとちょっと危険だったかもなぁと思います。帰りはなるべく、安全に帰れるルートで帰ってください。

ダウンタイム、めっちゃ長い

いよいよダウンタイムに突入ですよ。

施術した当日は麻酔が切れるころに鈍痛みたいなのがきます。でも、私は腫れを落ち着かせるためにも帰宅後は保冷剤を目に当てっぱなしだったので痛みも気付いたらなくなってたって感じです。

当日はちょこちょこ鏡をみては、「なんじゃこの化け物…」と落ち込みました。これは1回目も2回目も同じです。

内出血を起こしてまぶたが殴られたみたいに紫色になったり、皮膚表面に小さい血の塊ができてたり、見た目は本当に壮絶です。

埋没法は「ダウンタイムが短くて済む」っていう触れ込みですよね。あれ、実は頭に「切開するより」がつくんですよ!きっとそうですよ!!そうに決まってますよ!

「腫れのピークは2,3日。1週間もすれば自然な二重!」なんて、これ当てはまるのどんな体質の人なんだろうか。むくみ知らずの腫れ知らず?自然治癒力の超高い人なんでしょうか?

そりゃこっちも学校や仕事や何かと生活がありますからね。そんな何か月も引きこもっているわけにはいかないのでこういう謳い文句についつい騙されてしまうんですが、正直、長いですよダウンタイム。

化け物感が薄れてくるのは1週間、自分で「自然な二重だな」って思えるようになるまで1か月以上は見ていたほうがいいです。

麻酔でリキんでしまった1回目の埋没二重は、2か月くらい不自然でした。

しばらくは、肉!食い込み!そして肉!みたいなまぶたでした(わかりにくくてすみません)

もしかしたら本当に体質によるところも大きいのかもしれません。私が特に腫れやすかったのかも。それでも3日でスッキリ二重~は、まれじゃないのかなぁ??

腫れが気になる期間は、帰宅するとひたすら保冷材で目を冷やしていました。そうすると早くスッキリしていく感覚がありました。埋没法を受ける前に、ケーキ屋で保冷剤大量GETしておいたほうがいいですよ!

埋没法で二重にしてみた感想

結論は、やらなくてもよかったかな…です。

  • やっぱり自然な二重とは違い違和感がある
  • バレるのが怖くてビクビクしてしまう
  • かわいい、キレイと言われても罪悪感

ダウンタイム中に会った友人には整形を指摘されたりしましたが太い黒ぶち眼鏡をかけて日常生活は乗り切れました。それでもやっぱり、1か月くらいは「目が腫れてるけど大丈夫?」と声をかけられます。その度にうつむいてドキドキしていました。恐らく声をかけてくる人は、コイツもしかして…と思っていたのではないかな。

二重になるだけで、人間の顔の印象ってガラリと変わります。そのせいで人格も明るくなれます。自信もつくし、化粧も楽しい、おしゃれも楽しい、人生楽しい!ってなります。

ただ、罪悪感というか、バレたくない秘密を抱えてしまったっていう感じが否めず、私は全力では楽しめていません。こういうことを吹っ切ってしまえる性格の人なら、スパッとプチ整形したらいいのかも。

今はこういう⇩素晴らしい二重美容液もたくさん開発されているし、自然な二重の線が欲しいなら、整形はおすすめしませんね!

こんにちは、ぷちょこです。 アイメイクにアイプチやメザイク、アイテープが欠かせないけれど正直使いこなせていなくて、バレたりノリが取れて...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする