親が英語苦手な方がうまくいく!0~3歳の英語おすすめ教育法

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

子どもの英語教育はますます早期化が進んでいますね。山田家の近くの小学校も、早くから外国語活動を始めているそうです。小学3年生から教科化、5年生で必修化されるんですよね。今後は中学受験に英語が必須!とかになりそうな。

さらに2020年の東京オリンピックに向けて、子どもの英語教育はどんどん変化していくのではないかと思っています。これをきっかけに長男ういちょにも英語教育を始めました。

グローバル化が進み、英語力が必須になる時代がきます。その時、我が子には問題なくスムーズにペラッペラ英語を話して欲しいですよね!

4~6歳の英語教育はこちら

4~6歳は親や外部とのコミュニケーションもとれるようになり、言葉に興味を持つ時期です。英語の教育をはじめるのにもピッタリです!この時期に必要な英語学習法やおすすめの英語教室についてまとめました。

7~10歳の英語教育はこちら

小学校から英語の教科化、必修化が待っています。乗り遅れないため、英語を好きでい続けるためにも、自宅での英語学習は続けていきたいですよね。7~10歳におすすめの英語教材やオンライン英会話などをまとめました。

読んで欲しい人

  • 子どもに英語を好きになってほしい
  • 早いうちから英語に親しんでほしい
  • 英会話スクールは敷居と月謝が高い
  • パパママは英語が苦手だけど家庭で出来る英語レッスン方法を知りたい!
  • ゆくゆくはバイリンガルになってほしい!

子どもの英語教育における疑問

日本語も未熟なのに、英語を学ばせて混乱しませんか?

日本に住んでいる以上、日本語は自然と身につきます。英語は勉強として1日数時間触れるくらいなので、日本語との混乱はなく学べます。

親が英語苦手でしゃべれなくても、子どもをバイリンガルにできますか?

親が完璧に子どもに英語を教え込む必要はありません。一緒に学ぶ姿勢が一番大切です。親も一緒に楽しみながら学ぶことで、子どもにもいい刺激が加わるんですよ!

英語って、お金と時間がかかりそう…

語学習得は時間がかかるものです。諦めないで続けることが肝心。教材にある程度お金はかかりますが、中古や譲り受けたもの、無料アプリを使うなど、いろいろ工夫できますよ!

アメリカ英語、イギリス英語、どちらを学ばせるべき?

これからの時代、このようなことにこだわることはありません。いろいろな国の人が話すいろいろな英語を聞いて実践的にトレーニングした方が、社会に出て目の前の相手に通じる生きた英語を使うことができます。

スポンサードサーチ

子どもの英語教育の必要性

これからの日本人に求められるのは、聞く、読む、話す、書くの4つの技能がバランスよくとれた英語力。

上場企業には英語を使用する部署があるところが多く、また社内で英語テストを実施している企業もあります。

私たち親世代は、テストの点はいいけれど、実際話すことはできないって子が多くなかったですか?今までの教育現場では話すことは軽視されてきていたんですよね。

しかし今は英語を「公用語」にしている企業すらあります。今後このような企業は増えていくと思われます。これからのグローバル社会を生き抜く今の子どもたちに、英語力は必須なんですね。

親が英語を話せない方が英語教育はうまくいくワケ

親の私たちが英語苦手で話せないから、子どもに正しい英語なんて教えられないし・・・

それは大きな誤解です!!むしろママたちが英語が苦手な方が、子どもの英語力は伸びるんですよ!

私も旦那よしおさんも、英語が得意だとは言えません。だから、長男ういちょに英語を学んでほしいと思っても、何をどうしたらいいのか分かりませんでした。

しかし、0~3歳は、まず英語に触れて、英語が楽しいものだと思えるような学習法が一番効果があるんですよね。高度な教材は必要ありません。親が意気込んで「教え込もう」という意識があると、子どもは英語に対して楽しくないというイメージを持ってしまいます。

英語が話せるママですと、この「教え込もう」という意識が高くなりがちになるようです。一方、英語が苦手だった我々のようなママは、子どもと一緒に学ぼうという姿勢があらわれるので、子どもも一緒にやる気になってくれます。

まずどうすれば英語は楽しい、英語が好き、と思ってもらえるかというと、

  • ママが英語を楽しんでいる姿を見せる
  • ママと一緒にコミュニケーションをとりながら学ぶ
  • ママが積極的に英語で話しかける
  • 正しい発音はCDで十分

子どもはママが興味のあるものが大好きです。スマホをいじってれば子どもも触りたがるし、テレビのリモコンだって興味津々じゃないですか?(笑)

英語も同じことで、ママが常に楽しい気持ちで積極的に英語の絵本を読み聞かせてくれたり、一緒に英語の歌をうたったりすれば、子どもも自然と英語は楽しいんだと認識してくれます。

英語のできないママは、子どもに「自分が教え込まなきゃ」という考えは捨てて、子どもと「楽しく私も一緒に学ぼう!」という姿勢でいることが大切です。

それにより、子どもも英語に興味がわき、ママの英語力も少しずつ上達していければ、一石二鳥ですね!

そして、正しい発音はCDやDVDなどで十分なので、心配せずにたくさん英語で話しかけてあげましょう。

スポンサードサーチ

0〜3歳のおすすめ英語教育法

0〜3歳の乳幼児期の英語教育は、まず楽しむことが一番大切です。毎日の親子のコミュニケーションの一部として、どんどん英語を取り入れましょう。

パパやママのネイティブではない発音でも大丈夫!

子どもは何よりもパパやママの声で安心できるので、初めてでもすんなり英語に触れることができ、一緒に楽しく学ぶことができます。

 0〜3歳でできる英語レッスン

  • 簡単な英語の絵本を毎日5分でいいので習慣的に読み聞かせる
  • 英語の歌のCDを繰り返し流して、親子で一緒に歌えるようにする
  • 高度な教材ではなく、興味を示したおもちゃやカードなどで日頃から英語に触れる
  • パパやママの発音は気にせず、どんどん声に出して語りかけて

0〜3歳におすすめの英語絵本

最近では読み聞かせCD付きの英語絵本も売られていますね。しかし、この年齢の子には、ぜひママの声で読み聞かせを行ってあげてください。子どもの反応、興味が全然違ってきます。

発音が悪いから…なんて心配しないで!自信をもって明るい声で読み上げるということを重視してください。

洋書は外国文化に触れることもできます。ママも子どもも色々な発見があってますます楽しく学べるのではないでしょうか。

0〜3歳に最適な英語絵本の選び方

  1. カラフルで絵が大きいもの
  2. 簡単な単語でリズムよく読めるもの
  3. 繰り返すフレーズが多いもの

おすすめ絵本①

言葉は「Baby happy」と「Baby sad」だけなので、英語が苦手なママだって簡単に読み聞かせできます。単純な言葉の繰り返しですが、英語での感情表現を学ぶにはうってつけ!

おすすめ絵本②

英語の中でも使用頻度が高いワードを学ぶことができる短い絵本25冊とワークブックの贅沢なセットです。重要なワードを1冊につき2つずつ学ぶことができます。

おすすめ絵本③

日本語版でもおなじみ「はらぺこあおむし」 です。かわいいあおむしがいろいろなものを食べて大きくなり、やがて蝶になります。

食べ物の名前、数、曜日などが自然と学べます。

0〜3歳におすすめの音声教材

この時期におすすめなのが音声教材です。繰り返しのフレーズが多い歌、リズムよく聞ける英語の発音など、子どもも楽しく英語に触れ合うことができます。

おすすめアプリ

31日間無料お試しができるアプリ

子供向けアプリ30種類・1500コンテンツが使い放題【dキッズ】

NHKの「えいごであそぼプラネット」で、音やリズムに合わせて楽しく英語が学べます。また、英語の他にも知育アプリが30種類あり、全部使い放題!



おすすめ教材

「ディズニーの英語システム」

0歳から始められる多彩なプログラムがつまった教材。 子どもの大好きなディズニーで英語を学べるから、興味が続きます。うちの長男もディズニー好きなので、英語DVD見せて~とせがんでくるほどです。

  • おためしDVD
  • 英語の歌CD
  • 英語の絵本
  • 今ならお風呂でABCポスターがつく

豪華4点が無料で試せる教材セットがあるのがいいですね。


まとめ

2020年東京オリンピックに向けて、日本のグローバル化が加速し、世界とのつながりがますます強くなっていきます。

今後英語は日本においても、勉強・仕事に欠かせないツールとなるでしょう。そんな英語に小さいうちからたくさん触れておくことは、国際社会の未来を担う子供たちにとって、強力な武器を手にすることと同じなんです。何歳からでも遅いということはありません。

はじめはパパやママと一緒に、楽しみながら学ぶということが大切ですよ。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする