子どもにイライラしてしまう原因と効果的な対処法3つ

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

子育てしていると必要以上にイライラするときがありません!?私こんな怒りっぽかったかなぁ!?出産してから性格変わったんじゃないかと思うくらいで…

でも、そんなママだって本当はかわいい子どもとずっと仲良く楽しく暮らしていたいってのが本音ですよね!

もうイライラして子どもに当たりたくないママ必見の対処法をご紹介します。

読んで欲しい人

  • 子どもの言動にすぐカッとなってしまう
  • イライラを子どもにストレートにぶつけてしまう
  • 子どもにキツイ言葉で叱ってしまう
  • あとで子どもに言い過ぎだと後悔して反省する

イライラのきっかけは子ども、根本的な原因は親の心

なぜ子どもに対してイライラしてキツイ言葉で叱ったり、ひどい態度をとってしまうのでしょうか。そのきっかけのほとんどは、子どもの言動なんですよね。ママには、誰よりもかわいい自分の子どもには、こんな子どもでいて欲しい、将来こうなって欲しいという強い期待と願望があると思います。でもそんな理想の子どもとは正反対に、現実では大きなギャップのある言動をしてくるので、ついつい感情的になっちゃうんだよー。仕方ないんだー!

しかし、感情のままイライラにまかせて叱りつけていいわけではないことは、もちろん理解はしてるんですよ。それは子どもも悲しい気持ちになるし、ママ自身もイヤな気持ちになるってしまうだけですもんね。だったら、イライラしがちなシーンを把握して、感情的にならないような工夫や対処をしていきましょう!

スポンサードサーチ

急いでいるとき

原因

多くのママたちは、家事や仕事で毎日忙しくしているかと思います。そんな中で、子どもは言われたやるべきことをやらないで、ダラダラとおやつを食べていたりテレビに夢中になっていたり。

ママの頭の中では、色々とスケジュールを組んでいるんです。段取りを崩されるってかなりイライラするポイントになってしまいますよね。

対処法

時間の概念を教えることから始めよう。

子どもは今なぜママが急いでいるかということを、理解しているか。

なぜ自分も急ぐ必要があるのか分かっているか。

このことをまず、教えてあげなくてはいけません。むやみに早く早くと急かしたって、子どもは大人のように、先を考えて準備するなんてことまだ出来ないんですよね。

だから具体的に、時計の針が6になったら出かけたいから、5までに着替えよう、などと今後の見通しを分かりやすく指し示してあげましょう。そうすることで、子どもも出かけるために今するべきことというのが理解できて、スムーズにママの言うことを聞くようになります。

周りの子どもと比較してしまうとき

原因

無意識にでも、自分の子どもと周りの子どもを比較してしまってませんか?私はよくあるんです。4歳ういちょはモジモジ系男子で、集団でやって見せる踊りや歌が好きではないみたいです。でも私は集団の中での頑張りを見せて欲しいから、ほら、お友達はこんなに出来てるんだから一緒にやろうよとか、みんなは頑張って歌ってたのにあなたはなんで小さい声しか出なかったの?と、ついついイライラして比較するような言葉を言ってしまいます。

少しでも周りと違った行動をされると、何でちゃんとやらないの!?周りの子どもはみんなできてるよ!とイライラしてしまいがちですよね。

対処法

子どもの個性を理解して認めてあげる。

周りと違う面があれば、子どもにハッパをかけたくなるところです。しかし、まず大事なことは、その子にはその子のペースがあって、その子らしく生きているんだということ。

そして、周りと比べることは子どもを傷つけてしまうということを肝に命じておくこと。子どもにとっては、ママに自分と周りの子どもと比べられてしまうのって一番つらくて悲しいことなんです。

ママだって、旦那さんによその奥さんと比べられたら傷つきますもんね。

スポンサードサーチ

理想と現実のギャップを感じたとき

原因

ママとしては、6歳なんだからこのくらいはできないと、とか、男の子or女の子なんだからこうでなくちゃ、という理想が頭にあると思います。そしてそれと自分の子どもの成長にギャップを感じたとき、思い通りにいかない落胆の気持ちがイライラに変わっていくことって多くないですか?

私は、何でこの子はできないの、普通この年齢ならできるでしょう!?とか、男の子なのに女の子より足が遅いってかっこ悪い!などでイライラを感じることがあります。

また普段の生活でも、お片づけをして綺麗な部屋にしてほしいのに、言ったことはすぐ実行して欲しいのに、などでイライラしませんか。

そして、できない子どもに対して、頑張ってないからだ、言うことを聞かない悪い子だからと責める気持ちになってしまいます。

対処法

自分の理想ははじめにまず子どもと共有すること

この年齢ならできるはずだ、男の子なんだからやれるでしょ、というのはママが勝手に決めた理想論なんです。だから勝手に押し付けて、ギャップがあるとイライラするっていうのはかなり自分勝手でひどい対応ですよね。

まずは子どもに自分の理想を話してあげましょう。ママはこの習い事をするならこうなって欲しいと思っているけど、できそうかな?あなたはどうやっていきたいかな?などお互いの気持ちを話し合ってみる。

また、お部屋を片付ければ広くキレイにお部屋が使えていいよね、とやって欲しい行動のメリットを伝えることも大切だと思います。

そして、そのうえで一緒の理想像を作り上げ一緒に目指していくほうが、よっぽど楽しく目標を目指していけるのではないでしょうか。

まとめ

ママがイライラしてしまうのは、基本的には子どもの言動が引き金になっています。しかし、ママ自身も身勝手な考え方、固執した理想などがあるために更にイライラを増してしまうことに。普段から子どもと話し合い、寄り添えるような下地を作っておくことが大切ですね。

また、イライラで悩んでいる方は純粋にカルシウムが不足しているのかもしれません。

せっかく飲むのならカルシウムの吸収を良くするためのビタミンD、ビタミンKも配合している効果的なサプリを試してみてください。定期便で頼めば、1780円が1602円に割引されますよ!

産後・授乳中のイライラ・抜け毛・二枚爪にはカルシウム補給サプリがおすすめ【こつこつ習慣】



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする