整形級!二重を手に入れるおすすめ通販アイプチ

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

アイメイクにアイプチやメザイク、アイテープが欠かせないけれど正直使いこなせていなくて、バレたりノリが取れて一重に戻ったりすることが恐怖な人、必見です。

実は私もアイプチ歴8年やってました(結局プチ整形してしまいましたが…)

しかし、アイプチはこちらにあるコツさえつかめば、短時間でキレイな二重を手に入れることができます。ぜひお試しください~

読んで欲しい人

  • アイプチ、メザイクなどで二重を作っている
  • 上手な使い方がわからず、人にアイプチを指摘されてしまう
  • アイプチのせいで朝メイクに時間がかかる
  • まばたきをしたら、アイプチがとれてしまう
  • まぶたが分厚くて二重の線ができにくい

アイプチとは??

糊状の液体をまぶたの皮膚に塗り、二重のヒダができるように貼り合せて二重まぶたを形成する。

他には、リキッドを二重の幅に塗り、その部分に膜を形成することで、二重のヒダをおり込ませるという、非接着式のアイプチや、類似品にアイテープがある。使用をやめると元の一重に戻るのが通例であるが、使用を続けると二重になる人もいる。 日本では若い一重の女性がかなり使用しているが、最近では男性の使用もかなり広まっている。

ただし、アイプチをした上からでは皮膜にパウダーなどがのりにくいためメイクをしにくいというデメリットもある。

長時間、あるいは繰り返し使用すると肌の荒れや炎症を起こすこともある。まぶたに負担がかかり、皮がのびたり、跡が残ったりすることがあるので、注意が必要である。

出典 Wikipedia

スポンサードサーチ

メザイクとは??

従来用いられてきた瞼を接着して二重瞼を形成する『のり』タイプふたえ化粧品と異なり、粘着成分が付いた伸縮性のファイバーをまぶたに押しつけるように貼ることで瞼に段をつけ、自然な二重まぶたを形成する。

形成方法のアプローチが全く異なるため、他社従来品での様々なデメリットが解消されている。

  • ふたえの形状がデザインしにくい → ファイバーの取り付け位置で調整できる
  • メイクがしにくい → ファイバーを貼付した部分以外は皮膚が露出するため、アイシャドーが乗りにくくなることがない。また、ウォータープルーフの接着剤を用いているため、リキッドやジェルなど水分の多いアイシャドーを使うことも可能
  • まぶたがつれる → 接合部の全面塗布ではないためつれない

出典 Wikipedia

二重用化粧品の使い方のコツ

アイプチ&メザイクのW使い

アイプチだけ、メザイクだけでは、まぶたが分厚くてなかなかくっきりとした二重ができない人は、ぜひW使いをしてみてください。

まずはメザイクでラインを作り、その上からアイプチを塗ります。そして余ったメザイクをカット。

もしくは、アイプチを塗ってからすぐメザイクをつけて二重のラインをつくる。

どちらが先かは自分に合った方法、やりやすい方法を見つけてみてください。

このやり方なら、アイプチやメザイクがまぶたの重みですぐはがれてしまう人でも、しっかり二重をキープできるはず!

二重の幅を広げすぎない

芸能人のように幅の広い二重にあこがれてアイプチなどてラインをつくっても、自分のまぶたの厚みや目の形に合っていなかったりで結局不自然な二重になってしまいます。

また、幅が広いと目をしっかり開けることができずにキレイな二重の食い込みもなく、逆に目をきちんと閉じられず薄目のままになってしまうことも(恐怖!)

はじめは自分の好みのラインと似合うラインは違うんだということを理解して、まずは奥二重、末広ラインをつくりましょう。それに慣れてくれば、徐々に幅を広げて好みのラインに近づけていくこともできます。

まぶたの油をとってからつける

スキンケアのときの美容液や乳液、また化粧下地や日焼け止めなどの油分がまぶたについたままでアイプチなどをつけると、粘着力も弱くなり二重をキープすることができません。

まぶたには油分をつけない、またはついてしまってもしっかり落としてからアイプチなどをつけましょう。メイクの際のお粉も、まぶたにあまりついているようだとアイプチなどの粘着力が弱まってしまいますので注意してください。

乾かす時間、塗る範囲などを見極める

  • たっぷり塗って半乾きのときに二重をつくる
  • 完全に乾かしてからくせ付けをする
  • 折り込みたいラインの上下にのり付けをする
  • 折り込みたいラインに沿って細くのりをつける

まぶたの厚みやくせのつけやすさなどで、上記のように同じアイプチでもやり方は変わってくると思います。試行錯誤して、二重がきれいにできやすいやり方を見つけましょう。

寝ている間もアイプチをする

起きている時間だけではなく、寝ている時間もアイプチをつけておけば、二重のくせがつくのも早くなると思います。しかし、普通のアイプチを寝ている間にもつけたままにしておくのは皮膚に悪いのではないかと不安な人も多いと思います。

そこで、ちゃんとこちらの「ナイトアイボーテ」という寝ているとき専用の二重美容液を使用しましょう。寝ている間はまばたきなどまぶたの動きがないので、より強力に二重のラインを定着させることができます。

また、こちらの「メビーナ」も夜間使用の二重美容液。特徴は脂肪燃焼効果のある成分が配合されていて、より二重のくせがつきやすくなっています。でも、安心の低刺激処方。敏感肌でも使用できます!

また、日中はアイプチ、寝る前に専用ジェルでまぶたをマッサージするという2ステップでくせをつけるこちら「プレミアムパーフェクトアイ」のような二重美容液もあります。

スポンサードサーチ

まとめ

アイプチ、メザイク、アイテープなど自力でふたえにするアイテムはたくさんありますが、まずは自分の目の形やまぶたの厚みをよく考えて、適切なラインを見極めることが一番大切だと思います。自分に合ったラインでアイプチをつけるようにすれば、早く本物の二重のくせがまぶたについてくれます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする