いつから?英語教室に通い始めるのに最適なのは4~6歳である理由

スポンサーリンク

こんにちは、ぷちょこです。

今回は4~6歳の英語教育についてお話ししたいと思います。

この頃は家族やお友達とのコミュニケーションも上手になり、だいぶ会話が成り立ってきたなぁと思うママも多いのではないでしょうか。長男ういちょもいっちょ前に生意気なことを言ったり、好きなアニメのセリフをすぐに覚えて言ってみたりと成長を感じるシーンが増えています。

まさに英語教育も、この頃がようやく「英会話」のスタート地点なんですよね。インプットとアウトプットをバランスよく心掛けて、親子一緒に楽しく英語を学びましょう!

0~3歳の英語教育についてはこちら

親の自分たちが英語が苦手だからと、子どもを英語に触れさせないなんてもったいない!じつはそんなパパママのほうが、子どもの英語教育にいい影響と刺激があるってご存知でしたか!?その理由、どのように英語を学んでいけばいいのか、おすすめの英語の絵本やアプリなどご紹介します。

7~10歳の英語教育はこちら

小学校から英語の教科化、必修化が待っています。乗り遅れないため、英語を好きでい続けるためにも、自宅での英語学習は続けていきたいですよね。7~10歳におすすめの英語教材やオンライン英会話などをまとめました。

読んで欲しい人

  • 子どもに家庭でできる以上の英語を学ばせたい
  • 外部の人とも英語でコミュニケーションをとる機会がほしい
  • 子どもにネイティブの発音を肌で感じてほしい
  • 言葉への興味をもっとはぐくみたい

4〜6歳の英語教育法

家族やお友達と日本語でのコミュニケーションがしっかりとれるようになってきている頃だと思います。ますます言葉に興味を持たせるには、うってつけの時期なのです。

また、幼稚園に通い出したりして社会性がはぐくまれ、外部との触れ合いの機会も広がっていく頃でもあります。英語教育でも、少しずつアウトプットの練習をしてみましょう。

4~6歳でできる英語レッスン

  • 短く簡単でいいので、言いやすいフレーズを少しずつ練習する
  • 子ども同士が英語でコミュニケーションをとれる機会を設ける(サマーキャンプ、英語村、ホームステイ受け入れ、パーティ、英語キャンプへの参加など)
  • 音の出るタッチペン、絵辞書を活用して、言葉を調べる習慣をつける
  • プリスクール、英語教室を選択肢に入れる

スポンサードサーチ

英語教室に通うなら4〜6歳が最適なワケ

この年齢にだいたいみんな保育園・幼稚園などに入り、家族以外の人との関りが増えて社会性がはぐくまれていきます。それに伴って、今まで「おうちでママと」インプット重視で英語を学んでいたけれど、これからは英語を自ら言葉にして話す「アウトプット」の機会を増やしていきたい時期でもあるのです。

この時期の「他人への興味」を「英語の興味」と紐づけながら学習を進めていくことにより、ちょっと落ち着いてしまった英語学習へのモチベーションも維持することができます。

ただ、週1回くらいの教室通いではなかなか英語は身に付きません。やはり、英語の絵本を読んだり歌をうたったり、教室の予習復習など、おうちでできることは継続して続けていきましょう。

4〜6歳に最適な英語教室

この時期からスタートさせるのに最適なのが、英語教室です。今まで家庭で学んできたことを実践的な会話レッスンによりいかすことができます。また、英語教室に通うことにより、先生や子供同士でコミュニケーションがとれる場が作れるのもポイントです。

おすすめ英語教室①

ペッピーキッズクラブ

「ペッピーキッズクラブ」は、 全国に約1300教室もあり、通いやすい英会話教室。リズム感をベースに手の動きや指を使って発音のイメージを覚えたり、舌の動かし方を身に付ける発音習得方法でネイティブ発音の練習ができます。

海外イベントやハロウィンレッスン、クリスマスレッスン、サマースクールなど 外国文化を体験できる機会も盛りだくさん!子ども一人一人に合わせたケア・サポートが出来る担任制なので安心して通うことができます。

体験レッスンはこちらから⇩⇩⇩⇩

おすすめ英語教室②

子ども英語塾のヒューマンアカデミーランゲージスクール
英語の 「読む」「書く」「聞く」「話す」 をバランスよく学習できるレッスンを行っています。日本人講師が基礎知識を講義した後、外国人講師とのオンラインマンツーマンで学習するので、密度が濃く、効果的に英語力が高まります。

また、月4回、1回1時間の授業で、教材費・システム利用料等全て含めて1万円(税込)という手ごろな費用も魅力です。

無料で資料請求ができます⇩⇩⇩⇩

スポンサードサーチ

忙しくて英語教室に通わせられなくても

英語教室では時期によりいろいろなイベントを主催しています。

例えば、「東進こども英語塾」ではサマースクールを主催していて、夏の4日間なんと無料で英語のレッスンを受けられます(申込期限2018/7/31)夏休みの短期間だけでも、英語のシャワーを浴びて英語力を伸ばすことができます。

また、「YMCA」では夏季に短期プログラムを主催していて、ゲームやクッキングをしながら生きた英語を学ぶことができます。

その他サマースクール、サマーキャンプ、ハロウィンやクリスマスパーティなど、教室に通っていない子でも参加できる英語のイベントがたくさんあるので、ぜひお近くの英語教室に問い合わせてみてください。

まとめ

英語教室もさまざまありますが、まずは子どものレベルや個性に合った教室を見極めることが大切です。まずは体験レッスンがあれば必ず実際に体験して、教室の雰囲気などを確認しましょう。講師はネイティブにこだわる必要はありません。この時期はむしろ、子どもの扱いに慣れている先生、面倒見のいい先生がいるかどうかを重視してください。

ちなみに長男ういちょは、外国の先生を怖がったため、できるだけ子供の扱いがうまい日本人の先生がいるっていうのが教室選びのカギとなりました^^;

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする